テントに使用可能なポータブルエアコンが誕生!

キャンプに最適なテント用エアコン ZERO BREEZE Mark 2が作られました。

ZERO BREEZEの24V コンプレッサーシステムは、冷風機に氷や水入れのクーラーではなく、本物のエアコンです。適切な構造で、片手で持ち上げられる重量と容積です。

一体型バッテリーシステム、1 つのジャック、複雑で面倒な操作は不要です。片側のコンパクトなデュアルチューブシステム、テントの設置に便利で、実際に効率的な冷却能力を備えています。

ZERO BREEZE設立当初、「テクノロジーは急速進展になったが、アウトドアライフは100年前とあまり変わっていない。夏の夜のテントの中はサウナのようだ 」と嘆いていた。

人々は多くの方法を試みてきました。彼らはかさばる家庭用エアコンをキャンプに移動させようにしましたが、電源の問題に戸惑いました:

長い電源コード:長距離の牽引線はキャンプの場所を制限するだけでなく、多くの不便と危険をもたらします。

燃料発電機: 発電機は一晩中うるさくて、匂い臭くて、夜間キャンプができません。

屋外用巨大のバッテリー:家庭用エアコンの電力容量は通常800w以上必要なので、1000wのインバーター出力に対応した屋外用バッテリーが必要です。しかし、バッテリーの重量はおよそ25kgを超え、そして2~3時間しか運転できません、使い勝手が悪く実用的とは言えません。

ZERO BREEZE Mark 2はこれらすべてを踏まえたイノベーションであり、これらの問題点を一挙に解決し、快適なキャンプライフを実現することを目的としています。

まず、周囲温度を改善できるのは本物のエアコンだけであることを確認します。コンプレッサーによる冷却は、現時点では最も効率的で有効な方法であり、すべてのエアコンが採用している方法でもあります。

物理学的な「エネルギー保存の法則」に精通していると、ここで話している冷却は、元の高温のエネルギーを消滅させる手段ではなく、この領域で元の高温から移動したエネルギーであることがわかります。 エネルギーのブロックは多く、低温領域ではエネルギーブロックが少なくなります。冷やしたければ、これらのエネルギーブロックを他の場所に移動させる必要があります。

ZERO BREEZE Mark 2ポータブルエアコンは、移動が便利で、扇風機のようにどこにでも置くことができ、冷却対象の近くに置くことができるので、テント内の冷房目標をより効率的に達成できます。

テントでエアコンをより効果的に使うには?

前述したように、高温はエネルギーブロックのようなものです。テントなどの対象空間でエネルギーブロックを移動させる際には、外部空間へのエネルギーブロックの侵入を避ける必要があり、太陽光の下では、同じ巨大なエネルギーブロックが放出されます。エアコンを使用してテント内のエネルギーブロックを外に出すと、外部のエネルギーブロックが侵入してしまうため、直射日光を避け、保温に注意し、木陰や日陰の場所にテントを設置してください。テントを木陰や日陰に置くと同時に、湿らせたパッドや断熱ブランケットでテントを覆い、空間冷却をより効果的にします。

遮光も保温も何もしないと、夏に窓を開けてエアコンをつけようとするのと同じで、エアコンが効いていてもガンガンほどなれません。

アウトドア向けの仕様

ZERO BREEZE Mark 2ポータブルエアコンは、サイズと重量が持ち運びやすいだけでなく、便利なハンドルで、邪魔にならず、片手で自由に移動できるように、デザイン全体はアウトドアデザインを最適化しています。

より便利なバッテリーシステム

Mark 2エアコンにぴったりマッチしたバッテリーのデザインをして、素早く1つにまとめることができ、仕事中のMark 2とバッテリーを一緒に持ち上げて歩くことができます。 バッテリー自体も非常に薄くて軽く、特徴的なハンドルはMark 2エアコンと同様にスッキリしていて便利です。

動作電圧はMark 2と同じで、変換時の電源損失が軽減されます。840WのMark 2バッテリーはわずか5.5kgですが、従来の1000W前後の屋外用バッテリーは25kgに達し、従来の約5分の1です。

バッテリーとエアコンの電源接続は、充電と出力を1つのインターフェースで設計しているため、アダプター、エアコン、バッテリーの接続が非常にシンプルになり、接続ミスの心配もなく、複雑な回路トラブルもありません。

素早く簡単な接続

ZERO BREEZE Mark 2は、ロケットフードのような斬新なデザインでコンパクトなシステムです。テント内外の空間を仕切るのに都合がよく、ワンクリックで組立・分解が可能です。

冷気延長チューブ(送風ダクト)を装備することができ、Mark 2をより自由に配置し、冷気を必要な場所に導くことができます。

ZERO BREEZEのアウトドア用途に対する配慮点は、ハードウェア、容積、重量、デザインのバランスの追求だけではなく、Mark 2の内部にはコンプレッサー作動保護システム、電流保護システムなど、アウトドア用途に特化した設計が施されています。ZERO BREEZEが設計・開発したものはすべて、屋外での使用をより信頼性が高く、使いやすくすることを目的としています。

屋外用ポータブルエアコンの研究開発に6年間注力

ZERO BREEZEは2014年にキャンプ用エアコンの開発を開始しました。世界初の本格的な量産型キャンプ用アウトドアエアコンの製造・販売を行っています。ZERO BREEZE Mark 2は、3,000人以上のKickstarter、INDIEGOGOの支援者、そして世界中のアウトドアポータブルエアコン愛好家からの思いとフィードバックを結集して誕生したものです。ポータブルエアコンは屋外エアコンのために設計され、アウトドアキャンプ、テント、キャンピングカー、トラックなどの屋外空間で実用的に使用することができます。