ポータブルエアコンが冷えないのはなぜ?原因と対策まとめ

まず、製品故障で冷えないのか、他の原因かを確認する必要があります。

問題診断と対応方法:
電源を入れ、エアコンが冷房モードに入るかの確認し、そして吹き出し口に冷風があるかどうか確認してください。
1.通常の冷風がある場合、エアコンの冷却に故障がないことを意味します;
2.冷風がでない場合、下部の冷風通気口と尾部の排熱口が塞がれていないかを確認してください。塞がれている場合は、防塵ネットを開けて、塞いでいるホコリなどを取り除いて再テストしてください;
3.冷気吹き出しの送風口と尾部排熱口が正常に作動しているか、空気が排出されるかどうかを確認し、コンプレッサーが作動音があるかどうかを確認し、正常に作動しない場合は、アフターサービスに連絡し、専門的なメンテナンスを依頼する必要があります。

次は環境要因の確認です。

伝統の家庭用エアコンは、短時間で比較的広い面積の冷却効果を得るために、ポータブルエアコンより複数倍の冷却能力を使用します。ポータブルエアコンは冷却能力は小さいですが、小型で柔軟性があり、効率的という特徴があり、そして冷房が必要な人や空間に近くことができ、低電力で冷却するという目標を達成します。

エアコンをつけた後の体感温度は、空間の大きさ、断熱状態、太陽光や火などの熱源、周囲の湿度など環境の変化が大きいかどうかにも影響されます。

固定式エアコンは環境の影響が少ないですが、ポータブルエアコンの方は環境の影響をより受けやすいため、エアコンを使用する際には、注意すべき環境要因が以下となります:
1.ポータブルエアコンの送風口から離れすぎないでください。
2.直射日光を避け、できるだけ断熱された空間を確保してください。
3.冷却空間内に他の大きな熱源を置かないでください。
4.空間は可能な限り密閉し、冷気流れの損失を軽減します。
5.二重排・吸気管を使用し、室外と接続することで空間を冷却します。

通常、ポータブルエアコンを購入する人は、断熱された空間を冷却するため、または小さなオープンスペースを冷却するためです。そのため、実際の冷却スペースとエアコンの冷却能力を購入前に知って選択する必要があります。

Wと冷房スペースサイズのおおよその関係を以下に示します。Wと空間面積の計算(面積計算:縦×横)
2,205 ー 14m²
2,647 ー 19m²
2,941 ー 28m²

以下のウェブサイトでは、W(KW)とスペースサイズの計算参考を提供しています。実際の効果と計算結果には多少の誤差があります。
https://www.sekaidenki.com/blog/bariki_meyasu/

ZERO BREEZEの冷房能力は700Wで、上記の計算によると約5m²以下のスペースで使用できます。ZERO BREEZEの動作原理は次のとおりです:周囲温度が38℃、湿度が約50%、日差しがなく、断熱性が高い場合、約2~5m²の冷却スペースでは、5分間で空間温度を5~10℃下げることができます。

最後になりましたが、エアコンの気候タイプにも注意を払う必要があります。
T1 タイプの環境では 18 ~ 43 度が必要
T2 タイプの環境では 10 ~ 35 度が必要
T3 タイプの環境では 21 ~ 52 度が必要

一般的なコンシューマー級はT1で、ZERO BREEZEポータブルエアコンもT1です。

特殊な環境の下では、エアコンの効率も大幅に低下するため、プロ仕様のエアコンが必要です。