高い冷房能力に対するMark 2 エアコンの利点を解明する

ポータブルエアコンであるMark 2は、他のワット数の高い屋外用エアコンとどちらにするか迷っているユーザーもいるかもしれません。

Mark 2 エアコンは本格の携帯性を備えている

Mark 2は、携帯性と機動性の向上に重点を置いて設計されているため、片手で簡単に持ち運ぶことができ、アウトドアキャンプでの安全性を高めています。例えば、車のルーフに持ち上げてルーフテントを設置時または移動時の安全性を高めます。デザインの改良により、便利な移動が容易になり、さまざまなアウトドアアドベンチャーで製品を扱う際の安全性が向上しました。

 重量情報 Mark 2 その他のブランド
本体重量 7.5kg 14kg
バッテリー重量 5kg 7.5kg
合計重量 12.5kg 21.5kg
本体サイズ  50.8x 25.4x 27.9cm 51.8x29.7x33.5cm
バッテリーサイズ 52x21.6x5.8cm 51.6x21.8x9.1cm

バッテリーの個別充電

Mark 2のバッテリーは別々に充電できるように設計されており、ユーザーに便利なオプションを提供します。バッテリーを2つ購入すれば、1つを充電しながらもう1つを使用することができ、連続使用が可能です。さらに、Mark 2は拡張ドックを利用して、他のポータブル電源と組み合わせることができ、充電と放電の永久サイクルを可能にします。(具体的な方法は、記事をクリックしてお読みください。)

他のブランドのユーザーは、使用中にAC電源とバッテリーの両方を充電しなければならず、不便を感じます。

700Wの冷房能力で何ができる?

700Wの冷房能力は、2人用テントやルーフトップテント(RTT)、あるいは小型の車内での局所的な冷却の提供に適しています。この程よいな冷房能力により、テントでのキャンプやRTTでのアウトドア探索、あるいは小型車内の暑さを軽減したい場合にも最適です。また、排気ホースの設定により、より良い冷却効果を達成でき、理想的な冷却ソリューションとなります。


1.5kW は広い空間で効果的な冷却を実現できるため、バンや中規模のエリアに適していますが、消費電力の増加と引き換えに、電力消費量も増加します。これについては次のパートで説明します。

少ないワット数、少ない消費電力

より高いワット数を追求すると、より高いエネルギー消費を伴うことを忘れないでください。例えば、Mark 2 エアコンは出力240Wで700Wを生み出し、エネルギー効率比は約2.9(700W / 240W ≒ 2.9)となります。一方、他のブランドでは1.5kWの出力で700Wの電力を消費するものもあり、エネルギー効率比は0.46となります。実際、これはMark 2がより少ない電力で同量の冷却能力を生み出すことを意味します。 例えば、同じ2400Whのソーラー発電機を使用した場合、240W出力のMark2は強力モードで10時間使用でき、700W出力の別ブランドは約2400Wh/700W≒3.4時間しか使用できません。

Mark 2 エアコンは最大8つの充電方法を持つ

Mark 2 エアコンは、ユーザーの多様な電源ソリューションに対応し、最大8種類の充電方法から給電できます。例えば他のブランドでは、AC充電、ソーラー充電、シガーソケット充電、ポータブル電源充電など、4つの充電方法しか提供しないかもしれませんが、Mark 2 エアコンでは、これらすべてが充電オプションに含まれているほか、24Vバッテリー独立充電でき、フル充電したあとエアコンに充電することができます。またはほかのブランドのポータブル電源からの給電もできます。(「他社のポータブル電源製品でMark 2を動かす」の記事をクリックしてお読みください。)

Mark 2 エアコンはユーザーに向けて直接風を吹き出すことができる

Mark 2 エアコンの吹き出し方向は直接吹き出すように設計されていますが、他のブランドのファンブレードは斜め上に吹き出すか、下に閉じるかのどちらかです。つまり、Mark 2は人に向かって直接風を吹き出すことができますが、他のブランドは空間の冷却にしか使用できず、人やペットに向かって風を吹き出すには適していません。


この記事が、Mark 2 エアコンとそのユニークな利点をよりよく理解し、屋外用空調製品を選択する際に十分な情報に基づいた決断をするのに役立つことを願っています。