ElecHive、ZERO BREEZE Mark 2 の新しい相棒

夏が訪れると、アウトドアキャンプ愛好家は自然の美しさの中で静寂を求めて冒険に出ることを待ち切れなくなります。しかし、灼熱の暑さは、最も熱狂的なキャンパーの気分を損なうことがよくあります。幸いにも、革新的なZERO BREEZE Mark 2は、キャンプ中の暑さをしのぐための完璧な相棒として登場しました。持ち運び可能で冷房設計が特徴で、この最先端のデバイスは、屋外旅行先でも涼しく過ごせるようにします。

ZERO BREEZE Mark 2の特徴は、バッテリー駆動が可能なことです。バッテリー1本で、スリープモードで最大8時間、超高速冷却モードで最大3時間の使用が可能です。また、2つのバッテリーを同時に使用するオプションもある。しかし、キャンプでさらに大きな電源が必要な場合はどうなるでしょうか?そこでElecHiveの出番です。ElecHiveは驚異的な2500Whの電力を供給し、Mark 2を約10~25時間作動させることができます。

ZERO BREEZE Mark 2とElecHiveの組み合わせは、革新的な屋外キャンプ体験が実現します。これらの最先端のデバイスがあれば、圧倒的な暑さや限られた冷却オプションに耐える必要はありません。これらの革新的なデバイスをそばに置けば、爽やかな涼しさを保ちながら、屋外冒険の楽しさを満喫することができます。それでは、彼らの組み合わせについて詳細を見てみましょう。

ElecHiveはMark 2 エアコンの完璧な相棒

ZERO BREEZE ElecHiveは2500Whの強力なバッテリーを搭載しており、多くの電力を供給することができます。Mark 2 エアコンとの併用するように特別に設計されており、10~25時間持続できるさまざまな運転モードに電源を提供します。睡眠モードの出力は100W、冷房モードは150W、強力モードは240Wです。

睡眠モード:2500Wh/100W=25時間
冷房モード:2500Wh/150W≈16時間
強力モード:2500Wh/240W≈10時間
*ElecHiveに対応する稼働時間は、総ワット時を電力で割ったものです。

さらに、ElecHiveには、Mark 2 への接続専用の Anderson ポートという名前の 24V ポートがあります。この専用のインターフェースにより、ElecHiveは直接Mark 2にDC電源を供給し、他のインターフェースを介してAC電源をDC電源に変換する際に発生するエネルギー損失を排除します。この直接的な電源供給はエネルギーを節約するだけでなく、全体的な効率を向上させます。

アウトドアキャンプや家庭の非常時の電力供給アシスタント

ElecHiveの重量はわずか18.3kgです。コンパクトなサイズなのでバイクのボックスに入れることができます。上部には2つのハンドルが内蔵されており、持ち運びや持ち上げが簡単で、余分なスペースを取りません。上部の面は一時的なスナックテーブルとして、またノートパソコンなどの愛用の事務用品を置くこともできます。ElecHiveを使えば、信頼性のある電源を必要な場所に持ち運ぶ自由があります。

洗練されたポータブルな外観に加え、強力な性能も備えています。その強力なバッテリーは、標準的な壁コンセントと同等の2200Wの出力を提供することができます!また、2500Whの大容量を搭載しているため、すべてのデバイスに長時間電源を供給することができ、バッテリーが切れる心配がありません。11個の高性能出力ポートのうち、4つのACポートは家電製品に直接電源を供給できます。

各製品の充電時間の詳細は下記のを参考にしてください:

ElecHiveのその他の効果的な機能

  • 1250W 急速充電電源を使用すると、ElecHive 2200 はわずか 2.5 時間でフル充電できます。
  • 2300回充電しても、バッテリーの健全性は80%に達します(2300回充電しても、ElecHiveはまだ約2000Whの容量があることを意味します)。
  • 充電頻度を3日に1回、月10回の充電で年間120回と仮定すると、2300回の充電で約20年間使用できることになります。
  • ElecHive には複数の充電方法があります:
  1. ソーラーパネル直列充電(充電時間はソーラーパネルの並列数によって異なります)
  2. カーチャージャーで充電(120W入力のカーチャージャーで約26時間のフル充電)
  3. 600W電源で充電(フル充電まで約5時間)
  4. 1250W電源で充電(フル充電までわずか2.5時間)