なぜアウトドア用ポータブルエアコンが必要か?

1.アウトドアで不快感を感じる主な原因は湿度

アウトドアで不快感を感じる主な原因は、空気中の水蒸気の量である湿度が多いからです。 私たちがよく訪れる森や湖、山などの環境では、一般的に湿度は家の中よりも高くなります。 汗をかくと、体の皮膚にたまった汗を空気中に排出し、体を冷やします。 しかし、空気中の湿度が高いと、温かい水分が皮膚に長く留まり、より暑く感じます。 気象学者はこれを「暑さ指数」と呼んでいます。

*日本熱中症協会「暑さ指数とは、暑さ指数の見方」より

暑さ指数(WBGT値)目安表のグラフを見てみると、温度と湿度の組み合わせによって体が熱中症のリスクにさらされることがわかります。(暑さ指数(WBGT)が28を超える時は熱中症にかかりやすくなりますので、蒸し暑い日にご注意!)

2.アウトドアでの快眠への挑戦

私たちはエアコンの効いた環境で寝たり休んだりすることに慣れています。家にいる時、たとえ気温が27℃未満であっても、エアコンをオフして寝るのは平気です。しかし、外にいるときは、日中は何事もなく、体も順応できるが、いざ寝ようとすると、マットレスが熱く、空気も湿っていて、なかなか眠れません。

調査報告によると、キャンプに行きたくない人の80%以上が、熟睡できず、翌日の疲労につながることが主な理由だと言われています。

ポータブルエアコンが推奨される理由:

1.扇風機の使用が推奨されないのはなぜか?

扇風機を使ってもテントやキャンピングカーの中の温度を下げることはできませんが、空気の流れと汗の蒸発を増加するだけです。湿度を変えることはできず、高温多湿のアウトドアには効果がありません。

2.スワンプクーラー/気化式冷風機が推奨されないのはなぜか?

スワンプクーラーや気化式冷風機は、空気中に湿度を加える乾燥した気候で最も効果を発揮します。しかし、湿度の高い環境では、空気中の水分子はすでに飽和しているため、蒸発冷却を実現するために水分子をさらに吸収することはできません。したがって、気化式冷風機は、湿度の高い気候では空気の温度と湿度を下げることができません。同時に、かさばって持ち運びが困難です。気化式冷風機にはかなりの量の水タンクがあり、作動には水が必要である。それでも、乾燥した環境では水は非常に貴重な資源です。

3.ルーフエアコンの設置が推奨されないのはなぜか?

設置費用とメンテナンス費用が高く、ルーフエアコンを車に再度取り付け必要があるため、費用がかかり、車の外観にも影響します。
ルーフエアコンは消費電力が大きく、冷媒の補充が必要で面倒です。ルーフエアコンのファンやコンプレッサーの作動音が大きく、使用感に影響します。
ルーフエアコンは車の電源システムまたはエンジンに接続する必要があり、不便が多いです。

アウトドアで休憩する場合、どれくらいの冷却能力が必要か?

1.Wとは?

W(ワット)というのは、一定時間に生じるエネルギーのことで、空調機の性能を表すためにも用いられる単位です。1時間あたり何J(ジュール)の熱量を発生させるかをWで表記します。

2.どのくらいのWが必要か?

エアコンの適切なサイズを決定するには、環境の熱源に基づいて必要なWを計算することができます。例えば、完全に断熱され、日の当たらないダブルベッドのある部屋で、2人がいて他に熱源がない場合、293Wのエアコンで室温を維持することができ、約590Wのエアコンでは部屋を周囲温度より低く冷却できます。これは、エアコンが部屋から除去する熱量が、居住者が発生させる熱量を上回るためです。従って、2 人で就寝する2畳以上のスペースで、夜間に追加の熱源がない場合、590Wのエアコンで十分に部屋を冷やすことができます。

ZERO BREEZE Mark 2を選ぶ理由

1.冷却と除湿

Mark 2はポータブルエアコンとして、10分以内に送風口の温度を10℃低下させます。また、空気の湿度も下げます。700Wは2畳以上の空間を冷却・除湿し、快適なアウトドア体験を提供します。Mark 2は、水や氷を追加する必要のない、24Vアダプティブインバーターマイクロコンプレッサーを内蔵した本格的なエアコンです。

2.ポータブル、冷房の快適さをコントロール

  • エアコンの重量はわずか7.4Kgで、従来のポータブルエアコンの半分のサイズしかありません。エアコンとバッテリーを一体化できるので、片手で持ち運ぶことができます。バッテリーを接続するだけで、車やテントなどを改造する必要がないため、設置や改造のコストを節約できます。Mark 2の冷媒は通常の状態で10年間使用できるため、冷媒を追加する必要はありません。
  • 内蔵の24Vコンプレッサーの冷却能力は約700Wです。それでもコカ・コーラ缶より小さく、これがMark 2をコンパクトで持ち運びやすくする秘訣です。
  • Mark 2 ポータブルエアコンは、エアコンを旅行カバンのように小さく便利にし、扇風機のように置きやすく移動しやすく、対象物の近くで部分的に冷却することを実現しております。従来のエアコンとは異なり、固定された場所でしか機能せず、需要エリアを涼しく感じることができるように空間全体を冷却する必要があります。 

3.オフグリッド生活を提供

エアコンを稼働には大量の電力が必要です。大型エアコンは通常、より多くの電力を必要とします。キャンプ場の電源サイトがなければ作動しません。Mark 2エアコンの700Wは、アウトドアライフの日常的なニーズを満たすことができます。標準バッテリー1本はMark 2に3~5時間の給電ができ、コンパクトで持ち運びも可能です。Mark 2の標準バッテリーがある場合、電源サイトがない場合にもエアコンが利用できます。そして発電機による妨害を受けることもなく、高価なソーラー発電の代替品に投資する必要もありません。