キャンピングカーにソーラーパネルを取り付けるには?

キャンピングカーにソーラーシステムを搭載のメリット

ソーラーシステムを導入するキャンピングカーが増えています。オフグリッドで過ごすのが好きなキャンパーの場合、自家発電は必須です。照明、冷蔵庫、スマホやノートパソコンの充電はすべて電気に依存しています。ここでは、キャンピングカーに太陽エネルギーを搭載するメリットをいくつか紹介します。

1. オフグリッド

場所を問わず、好きなところでキャンプができることほど楽しいことはありません。自由に自然に近づけるのは素晴らしいことです。好きなところに泊まれるには、太陽エネルギーが大きな役割を果たす可能性があります。

2. クリーンエネルギー

太陽エネルギーのもうひとつの利点は、持続可能な自然電力であることです。また、汚染を引き起こすことはありません。キャンピングカーの屋根にソーラーパネルを設置して、より多くの太陽光を浴びるようにすることをおすすめします。地球を保護することは重要であり、そのための最善の方法は、不必要なガス・燃料消費を削減することです。

ソーラーパネルは通常、非常に薄いです。そうすれば、キャンピングカー中のスペースを多く使われません。ソーラーパネルの厚さは1インチまたそれ以下となり、思っているよりも薄いです。

3. 費用の節約

一度設置すると、約 20 ~ 30 年間は安定した電源が使用できます。太陽エネルギーを利用しているため、(キャンプ用電気製品に給電の)サブバッテリー(あるいはポータブル電源)への充電に便利し、またMark 2のバッテリーへの充電もできます(車エンジンによる充電を避け、燃料節約できます)。太陽光により走行中も、停車中も常に充電しており、充電設備と場所の制約を受けず、または充電費用もかからない(費用発生するチャージポイントもあり)、いつでもどこでもサブバッテリー・Mark 2バッテリーへの充電ができます。

キャンピングカーに太陽エネルギーをどのように利用できるのかと疑問になるかもしれません。ソーラーパネルは、太陽からエネルギーを集めて電気に変えることによって機能します。その仕組みは次のとおりです。

 

  1. 太陽光がパネルを作動させる
  2. パネルが電気を生み出す
  3. 電気エネルギーがサブバッテリーに蓄えられる
  4. サブバッテリーから電化製品に給電

多分今あなたはキャンピングカーにソーラーシステムを設置することに決めたかもしれません。次に知っておかなければならないのは、デバイスはパネルから直接電力を供給ではなく、デバイスを動かすにはサブバッテリーが必要です。そしてサブバッテリーを充電するために、十分な太陽エネルギー量を確認してください。必要な電力量、パネル充電できのサブバッテリーの選び方、必要なソーラーパネルの枚数を知ることが重要です。それをステップに分け、下記の順に説明します:

ステップ1:キャンプ時に必要な電力量を計算する

ステップ2:キャンピングカー用のサブバッテリーを選ぶ

ステップ3:必要なパネルの枚数を決める