キャンプテントをより快適にする方法

日本オートキャンプ協会の「オートキャンプ白書2022」によると、2021年のオートキャンプ参加人口は前年比23%増の750万人でした。そしてキャンプの季節は主に夏です。蒸し暑い午後や夜にテントの中で汗をかきたくない場合は、キャンプに最適なテント用エアコンをおすすめです。

キャンプする時、車中泊だけではなく、テント泊も少なくないです。テントにはさまざまな種類があり、普通地上用のほか、車の屋根に設置するテント「ルーフテント」があります。 ルーフテントの設置作業は意外と簡単であり、気軽に開放感を味わうことができます。とはいえ、キャンプテントの旅には湿気や極端な天候、気温などの難題に直面しなければなりません。ここで、必要なのはポータブルエアコンです。

テントの中は暑い?

大自然への旅でつらいことのひとつは、テントが暑いことです。一日中楽しい旅をした後は、テントに入ってゆっくり休みたいものですよね。しかし、テント中にはオーブンのように暑いです。これではせっかくの旅行も台無しです。

テントは車内より温度調節ができません。車内の暑さ対策として車内エアコンのほか、エアコンまたはほかの冷却製品を設置しているのが一般的ですが、ZERO BREEZE Mark 2ではテント用のエアコンとして利用できますので、とても便利です。

なぜテントの中は暑くなるのか?

テントには通常断熱材が入っていません。テントは温室効果のため、熱を簡単に取り込みます。テントは日中、暖かい空気を閉じ込めます。太陽はテントの生地を通り抜け、内部を暖めることができますが、熱気は再び外に放出することができないため、テント中はとても暑くなります。

さらに、キャンプテントでは天候が大きく影響します。特に暑かったり湿度が高かったりする天候では、余分な体の熱が負担となる可能性があります。テントの中が蒸し暑くなり、汗ばんで不快な状態になります。

テント内はどれくらい暑くなるのか?

テント内の温度は、周囲の環境や天候によって変化することにお気づきでしょう。例えば、6人用テントに1人がいると、夜の気温が約60度の場合、テントの中は外よりも約1.25度暖かくなります(数値は参考にまで)。テントが直射日光にさらされておらず、気温が平均に近いと仮定すると、テントの中は屋外よりも5~10度ほど暖かくなります。直射日光が当たると、テントはソーラーの下のようになります。暑い日の午後にテントに入ろうとすると、テントの中は外よりも20度ほど暑くなっていることです。楽しい旅の一日を楽しんだ後、蒸し暑いテントの中で寝たいとは誰も思わないだろうから、テントを涼しくする方法を見つけるのは重要なことです。

テント内が暑くなりすぎるのを防ぐには?

  • テントの設置時間を夕方にする - テントの設置が早すぎると、太陽からの熱をすべて吸収してしまいます。できれば、日が沈んで空気が冷たくなる夕方にテントを張りましょう。
  • 空気の流れ - テントに窓がある場合、窓を閉めて涼しい空気を室内に保ちたいと考える人もいます。特に日が昇ってくると、冷た空気は長くは続きません。従って、テントの窓とドアを全部開ければ、十分な風通しが得られます。テントはあまり冷えないかもしれないが、少なくとも少しは涼しくなります。
  • 日陰にテントを張る - 日陰にテントを張らないと、すぐに熱くなってしまいます。日陰は一日の太陽の位置によって変わる。そのため、最適な場所を選ぶことが大切です。
  • ポータブルエアコンを準備する - 夏のキャンプテントに慣れていない人もいます。春や秋のキャンプに慣れていて、暑い時期のキャンプにあまり慣れていません。テントをどうやって冷やすかを考えるのが最優先です。ポータブルエアコンがあれば完璧です。エアコンをつければ、テント内の空気を冷やしてくれます。

ポータブルエアコンはテントでも使える?

夏にキャンプを頻繁に行う場合は、テント用のエアコンに投資する価値があります。そうすれば、暑い夜でもテント内では涼しく、キャンプを存分に楽しむことができます。

ZERO BREEZE Mark 2は、最高のテント用エアコンです。キャンプ用に特別に設計されています。使用するのに電気接続は必要ありません。バッテリーを搭載しており、車のシガーソケットで充電できるほか、専用アダプターを使用すればソーラーエネルギーでも充電できます。700Wで、就寝中のテントを冷やすには十分です。

ZERO BREEZE Mark 2は、従来のポータブルエアコンよりも60%軽量で、約50%小型化された万能なオプションです。わずか10分で、空気を16°C冷やすことができます(出風口)。さらに、排熱ダクトが付いており、テントからの熱を素早く簡単に放出することができます。また、静音性も高く、騒音レベルは52dbと家庭用冷蔵庫より少しうるさい程度です。発電機のように睡眠を妨げることはありません。



最終的には、自分の選択が旅をどれだけ楽しむかに影響するかもしれません。旅や冒険、そして自然をもう少しで楽しんでいただければ幸いです。ZERO BREEZE Mark 2は、多用途のポータブルエアコンです。テントの中だけでなく、車中泊、ペットとの旅行などあらゆるシーンで活躍します。

ZERO BREEZEは、アウトドアキャンプライフをより快適にするために、オフグリッド技術と快適性の交差点を探求し続けています。省エネ、コンパクトなサイズ、シームレスな配置などの基本的なニーズを満たすことがついに実現しました。