ElecHiveを選ぶ理由 ー 超小型

もしもの時の電源として

ポータブル電源の優れた点は、いつでもどこでも必要な場所で使用できることです。ElecHiveは、標準的な壁のコンセントのように2200Wの出力を提供することができます。また、2500Whの大容量を搭載しているため、すべてのデバイスに何時間も電力を供給することができ、電源不足の心配は入りません。

以前のブログで紹介したように、製品容量の計算式はワット時=ワット×時間です。この計算式により、ポータブル電源がワット時(Wh)でどれだけの電気を蓄えることができるかを測定します。例えば、スマホの推奨ワット数は20Wで、4時間充電する必要があり、20Wx4H=80Whの容量が必要です。

家庭で電気がないと不便を感じます。例えば、自然災害や、さらに悪いことに、医療が必要な人に影響を与えます。また、キャンプに行き、素晴らしいオフグリッド生活を送りたいとき、これはアウトドア体験を充実させるための選択です。なくても困らないが、あった方がより良いものなのです。

必要な場所に電力を供給

重量と容量のバランスは、ポータブル冷蔵庫に27長時間電力を供給できるポータブル電源を選択できるレベルに達しています。日常的に持ち歩ける小型サイズではスマホやヘッドフォンに電力を供給します。大型の方では大型家電や電動工具に何時間も電力を供給します。

ElecHiveは、同じような容量を持ちのうえ、他社製ポータブル電源と比べて30%軽量化されており、重量はわずか18kgです。サイズは約32.8x24.4 x28.7cmです。2500Whの容量で、ZERO BREEZE Mark 2エアコンを10~20時間、スマホを208回、4.5Wの照明を555時間充電できます。この小サイズでありながら使うところまだたくさんあります。

 製品 容量(Wh) サイズ(cm) 体積(cm³) 重量(kg)
ElecHive 2200 2500 32.8 x 24.4 x 28.7 22926.9 18.1
Other brand 1 2016 49.8 x 24 x 30.5 36611 21.7
Other brand 2 2160 38.4 x 26.7 x 30.7 31432.3 19.5
Other brand 3 2048 41.9 x 27.9 x 38.6 45214.7 28.1
Other brand 4 1516 38.7 x 25.9 x 26.4 26515.9 20.7

 

音量は、ガス発電機を使用する際の根本的な問題のひとつです。ポータブル電源は、ガス発電機ほど騒音を出さないので、周囲に迷惑をかけることなく、いつでも使用することができます。一般的に、国立公園の規則には反していませんし、持ち運びにも便利で、そこそこの電力を供給してくれます。